くらしのプチマーケット

シェアしていきたい主婦の知恵 ・生活がちょっと楽しくなるヒントを紹介します

健康

グリーンスムージーに人参を入れない訳は

更新日:

グリーンスムージはもはや定番になりつつありますね。私も寒くなるまでは毎日グリーンスムージーを飲んでいました。

しかし、寒くなってきてからは遠のいてしまっているので、春になったらまた再開したいと思っています。

ところで、グリーンスムージーには人参をはじめとするでんぷん質の野菜を入れないようですが、それはなぜなのでしょうか?

グリーンスムージーとジュースクレンズの違いとは

その事に気付いたのは、最近はやりの「ジュースクレンズ」を調べていた時の事。
ジュースクレンズは海外セレブの間でも大人気だそうで、日本でもモデルのローラさん・女優の藤原紀香さんがブログで紹介したりしています。

私も取り入れてみたいと思ったのですが、ジュースクレンズの特徴は、低速回転のジューサーで作られているということ。

家庭にあるジューサーではダメで、専用の低速回転圧搾式ジューサーが必要なのです。

値段も結構高いので、これがジュースクレンズの敷居が高いところと言えます。

さて、そんなジュースクレンズには人参入りのものもたくさんあり、なぜグリーンスムージーには人参を入れないのに、ジュースクレンズはOKなのだろう?と不思議に思ったのです。

そもそも、グリーンスムージーに入れてはいけない野菜としてこう書いてあります。

にんじん、ビーツ、ブロッコリーの茎、ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、ナス、カボチャ、オクラ、さやエンドウ、トウモロコシ、 緑豆やその他のでんぷん質の野菜はグリーンスムージーに入れません。
でんぷん質の野菜はフルーツとの食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生しやすくなるからです
出典:グリーンスムージー公式サイト

そう、でんぷん質の野菜はフルーツとの食べ合わせでガスが発生しやすくなるのです。
しかし、消化に要する体の負担を軽減するためのジュースクレンズは、腹持ちの良いでんぷん質を使うと消化に時間がかかるため、抽出した水分のみをいただきます。

要するに、
食事の代わりになるグリーンスムージーと、
胃腸に負担をかけないための栄養を含んだ水分がジュースクレンズ、
となるわけですね。

目的の違いということになるでしょうか。
グリーンスムージーはダイエットに向いているし、ジュースクレンズは断食代わりと捉えるといいのかもしれません。

-健康
-, ,

Copyright© くらしのプチマーケット , 2018 All Rights Reserved.