くらしのプチマーケット

シェアしていきたい主婦の知恵 ・生活がちょっと楽しくなるヒントを紹介します

大学 教育

学食パス 離れて暮らす大学生の食生活もこれで安心

更新日:

まだ実施している大学は少ないようですが、一部の大学生協で「学食パス」を取り入れているところがあります。

そして今後はどんどん拡大していくようで、遠くに離れたお子さんの食生活が心配や親御さんには安心のシステムになっています。

スポンサーリンク

学食パスとは?

「学食パス」とは、「交通系ICカード(Suica*1,PASMO*2等)」を利用したサービスで、通学や電子マネーとしてコンビニ等で利用している既にご自身がお持ちのカードを、「学食パス」用に登録することで利用できます。

一つのカードの中で「学食パス」と「交通系ICカード」が住み分けできるから便利

「学食パス」は、カードの中に電子マネーとして入金された金額と、学食に利用する金額が別々に分けられているシステム。

学食代は独立しているため、学食以外では使えないようになっているところがポイント!

親の心配は、食費を削って趣味に使ってしまうのでは・・・ということ。でも学食パスに入金された金額は、学食でしか使用できないから安心。

離れて暮らすお子さんの食生活を豊かにサポートしてくれます。

食事の履歴がWebサイト上で閲覧できる

学食パスを利用すると、食事の履歴が残せます。アドレスを親のメールアドレスを登録しておくことで、いつ・何を食べたかだけでなく、その栄養価情報も表示してくれる嬉しいサービスが。

栄養軍が見やすく色分けされて表示されるため、どの栄養素が足りないかもわかってしまうという優れものです。

大学に入学し、新しい環境に慣れ、勉強やサークル活動に励む中で、どうしてもおそろかになりがちな食生活ですが、「学食パス」を利用することで、三食のうち一食でも親が把握できるのはありがたいこと。

もし進学した大学に「学食パス」が導入されているのであれば、ぜひ利用することをお勧めします!

-大学, 教育
-,

Copyright© くらしのプチマーケット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.