くらしのプチマーケット

シェアしていきたい主婦の知恵 ・生活がちょっと楽しくなるヒントを紹介します

暮らし

給湯器はある日突然壊れる!?その時に慌てないようにオートにするかフルオートにするか考えておく

更新日:

towel

まことしやかにささやかれる、あるウワサ。

 

「お風呂の給湯器は、10年を境に途端に壊れる」

 

実際にそれまで何の問題もなく使用していた給湯器が、ある日突然お湯が沸かせなくなりとても困った、という実話を何人かに聞いていました。

 

「10年を境に」という部分はあくまでも目安なのでしょうが、慌てて買いに走ったという人が少なくないということは、給湯器の使用目安が10年くらいということになるのでしょう。

 

そして我が家の給湯器を迎え、先日のハウスメーカーによる15年点検の際、
「いつ突然故障してもおかしくありません」
というお墨付き(?)をいただいてしまいました・・・

 

その日がいつ来るかわかりませんが、その日が来ても慌てないよう、知識だけは入れておこうと思い調べてみることにしました。

スポンサーリンク

実は一度、小さなトラブルはあった

 

我が家の給湯器は15年前に家を建てた時に購入したもののままではありますが、実は以前一度だけ、小さな故障がありました。

 

昨年の14年目の給湯器ですが、ある日突然お湯が沸かせなくなりました。

 

その日の朝は食器洗いに何も問題なくお湯を使っていたのですが、夜お風呂を自動でお湯張りした時に、主人がお風呂に入ろうとして水風呂だったため飛び上がったのでした・・・

 

その時、一度水を全部抜いてもう一度お湯張りをスイッチを押してみたのですがダメ。外にある給湯器はスイッチを押した時に点火する音がするものの、その後点火する様子はないまま。

 

すぐにハウスメーカーに電話して修理を依頼。その時に電話で言われたのが、
「出張料が一万円、壊れている箇所の修理に一つ一万円が目安」
ということ。

 

出張料はまぁ・・・仕方がないでしょうね。しかし修理は一ヵ所に付き一万円!もし修理箇所がいくつもあったらどうするの?

 

その後修理の方が到着し、給湯器を診断すること15分。
「修理箇所は二ヶ所でした。」

 

ということは、出張費と修理費で計三万円? 痛い出費だけどそれも仕方ないか?

 

しかし修理の方は続けます。
「ただし、今日修理したとしても明日他の部分が壊れるということも十分考えられます」
「耐久年数は過ぎています。どこが壊れてもおかしくありません」
「買い替えを強くお勧めします」

 

そう言われいろいろ考えたのですが、その時にはどんな給湯器の種類があるのか・値段の相場はいくらくらいなのかということが全くわからなかったため、とりあえず故障個所だけ直してもらい、あとのことはまた検討することになったのでした。

 

幸いにも一年半たった今、故障もなく給湯器は働いてくれてはいますが、修理の方がおっしゃった通り、いつ壊れてもおかしくないのかもしれません。

 

エコジョーズとエコキューとの違いって?

テレビCMでもよく耳にしていた「エコキュート」や「エコジョーズ」という名称ですが、これまで深く考えたことがありませんでした。

 

しかし買い替えも検討せざるを得なくなってきた今、その違いや給湯器の種類についても把握しておかなければならないと強く感じました。

 

まず、エコジョーズとエコキューとの違いが判らなかったので調べてみました。

エコジョーズとは
・瞬間湯沸かし器タイプの給湯器
・お湯を使いたい時に水道水をガスで沸かして使用する
・そのため使い始めの際には給湯器が点火する音がして少し経ってからお湯が出てくる

エコキュートとは
・貯湯式の給湯器
・夜間電力を利用して貯湯タンクにお湯をためておく

 

我が家は都市ガスを利用しているため、プロパンガスに比べて利用料金は低いです。
また、太陽光発電の使用もないため、買い替えるとしたら「エコジョーズ」ということになります。

オートとフルオートって?

給湯器には「オートタイプ」と「フルオートタイプ」があるそうです。この二つの違いは、

 

オート ・・・お湯張り・自動ストップまでが自動(追い炊き機能まで自動のタイプもあり)
フルオート・・お湯張り・自動ストップ・追い炊き・足し湯も自動

 

我が家の現在の給湯器はオートタイプですが、追い炊きは手動になっています。

 

どちらがいいかは各家庭の使い方次第

オートとフルオートを比べてみると、いつ誰が入ってもお湯の温度や量は常に一定というのが嬉しいですね。

 

我が家のお風呂は、入るたびに冷めていれば追い炊きのスイッチを手動で押しているのでその手間が省けます。しかし、手動で押せば済む・・・ということにもなります。

 

家族が沸かしたお風呂に続けて入ることができる環境ならば、その間常に一定の量と温度を保ってくれるフルオートは便利だし、省エネにもつながるかもしれません。

 

しかし我が家のように子供たちも大きくなり、それぞれが好き勝手な時間に入浴するようになると、その間ずっと誰も入らないお湯を一定に保っているのは無駄と言えば無駄。

 

自動スイッチをオフにすれば済む事でしょうが、その分給湯器の値段が上がるのならば、オートでも十分かもしれません。

結論

以上の事を踏まえて我が家の事情に合う給湯器は、

 

・エコジョーズ(都市ガス使用)
・オートかフルオートは値段次第で決定(両者に値段の差がないようならフルオートでも)

 

ということになりました。
これで突然の故障にも慌てないで済みますね。

-, 暮らし
-, ,

Copyright© くらしのプチマーケット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.