くらしのプチマーケット

シェアしていきたい主婦の知恵 ・生活がちょっと楽しくなるヒントを紹介します

簡単レシピ

ワンポットパスタは一人暮らし男子にピッタリ!美味しいだけじゃなく洗い物も少ない♪

投稿日:

pasta

 

家で一人だけのランチを作る時、家族に作る料理とは違いつい面倒になりがちですよね。前日の残り物で済ませたり、ご飯と納豆だけで済ませることもあったり。

 

普段料理をしている主婦でも、いえ主婦だからこそ楽に料理を作りたい!と思うことは多いかもしれません。もっと手軽に、でもレンジでチンではない美味しいランチを食べられたら。

 

そんな時にはこの「ワンポットパスタ」がおススメ!
パスタを茹でる鍋と具材を炒める鍋、二つなくてもその名の通り「ワンポット」でOK!

 

ワンポットパスタとは?

pasta2

 

ワンポットパスタは、お鍋一つで手軽に美味しくできるパスタ のこと。
1つのお鍋(=ワンポット)で作れるので洗い物も減らすことができて大人気なのです。

 

ナポリタン・カルボナーラはもちろん、ペンネだって!
トマト系のパスタだけでなく、スープパスタや和風パスタも作れるから応用力も抜群★

 

一人暮らし学生や、一口しかないアパートのコンロでも作れるところから、幅広い世代から支持を受けているようです。私も一人ランチは最近こればかり♪

 

ワンポットパスタのレシピ

そんな人気のワンポットパスタ、レシピ本も続々発売されています。

また、検索するとさまざまなレシピがたくさんヒットします。

 

トマト系。

 

和風。

 

ミートソース。

 

カルボナーラ。

 

ペンネアラビアータ。

 

スープパスタ。

 

どれも簡単で美味しそう!私はトマトパスタと和風パスタをよく作っています。具をたくさん入れれば野菜も摂れ、栄養バランス的にもいいと思います。

 

ワンポットパスタを作るコツ

ワンポットパスタは非常にお手軽で簡単ですが、何度か作ってみるうちに、美味しく作るコツのようなものがわかってきました。

 

まず、具はたくさん入れること。
ひき肉のような濃いダシの出る食材は別ですが、野菜から出るダシは柔らかく、ともすれば味にメリハリが欠けがち。

 

だからベーコンで動物性のダシをしかり出し、野菜も一種類ではなく数種類入れるのがポイントです。これだけで味はしっかりするし野菜もたくさん食べられるので一石二鳥♪

 

そしてもう一つのポイントは、パスタが固まりやすいので放射状に入れること。

 

ただ、鍋の大きさによって放射状に入れることは困難な場合があるので、その時はパスタを二つ折りしてもいいですが、そのままにせず時折かき混ぜてパスタのくっつきを防ぐこと。

 

たったこれだけですが、ワンポットパスタがさらに美味しく出来上がりますよ。
食材の組み合わせを変えればレシピは無限!

 

是非、あなただけの「オリジナルワンポットパスタ」を見つけてくださいね。

-簡単レシピ,
-

Copyright© くらしのプチマーケット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.